So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

糖尿病を合併した歯周病患者に対する局所・経口抗菌薬物療法テクニック

今日、兵庫県保険医協会の主催で開催された王宝禮先生の「糖尿病を合併した歯周病患者に対する局所・経口抗菌薬物療法テクニック」のセミナーに参加してきました。以前から日本糖尿病協会の歯科医師登録を行っていましたが、今までは医科の側の話を中心聞いていましたが今回は久しぶりに歯周病から糖尿病という話を聞き非常に勉強になりました。明日からは、糖尿病の既往のある患さんに歯周病と糖尿病の関係をもう少し詳しく説明していきたいと思いました。

やっぱりできる下顎総義歯吸着

昨日と本日の二日間、東京で開催された佐藤勝史先生の「やっぱりできる下顎総義歯吸着」のセミナーに参加してきました。以前に阿部二郎先生のBPS義歯のセミナーに参加した際の佐藤先生の名前を講演の中でお聞きし先生の書かれた「What is Suction Denture?」の本を購入し下顎義歯を作成していましたが、どうしてもわからない所があり一度実習を受けてみたいと思っていたところちょうど診療所が休みになる連休に開催されるセミナーを昨年度に見つけて申し込み、ようやくこの日を迎えることができました。東京での二日間のセミナーでしたが本当にためになるセミナーでした。私にとっても患者さんにとっても非常にプラスになる内容で以前から佐藤先生の本を参考にして材料はすべて揃っていますので明日からすぐにでも患者さんの治療に応用したいと思います。上顎は。小出セミナーで習ったテクニックでほぼ吸着できるようになりましたが、明日からは下顎も吸着できると楽しみにしています。

プロフェッショナルに求められるティースホワイトニング

今日、大阪で開催された「プロフェッショナルに求められるティースホワイトニング」のセミナーに参加してきました。以前からホワイトニングを行っていましたが、今まで以上に患者さんに有益なホワイトニングのシステムや材料がないか捜していました。この分野に詳しい東京SJCDの茂野啓示先生からの紹介でビヨンドシステムを紹介され当院で導入しようと考え、先週の水曜日にビヨンドのデモを受けた際に本日のセミナーを紹介されたので早速参加してきました。50名の参加者でしたが、さすがにオジサンはだれも参加していなくて男性は4名あとは衛生士さんだけというセミナーでした。衛生士さん中心のセミナーということで、患者さんにたいする説明の仕方など非常に参考になるセミナーでした。もう少し早く案内をもろっていたら当院の衛生士さんにも参加してもらってほしかったセミナーでした。早速、明日にでも当院のスタッフにセミナーの内容を伝えたいと思います。

3DSを用いた歯周病予防・糖尿病予防

今日、京都で開催された医科歯科連携セミナー「3DSを用いた歯周病予防・糖尿病予防」のセミナーに参加してきました。以前から3DSについて興味があり花田信弘先生の講演をお聞きしたいと思っていたのですが、都合が悪くようやく参加できました。3DSについての考え方が少しは理解できましたが、臨床に取り入れるにはもう少し勉強が必要だと思いました。また、今日は糖尿病と歯科について糖尿病内科の西田亙先生の講演もがありその中でHBA1Cが歯周病の治療により0.8%減少し、使用する薬剤も少なくなったとの具体的なデーターを提示していただきました。これからは糖尿病の患者さんに対して3DSなどを用いての歯周病の治療を心がけたいと思いました。

歯内療法の新たなる潮流

本日、大阪で開催された「歯内療法の新たなる潮流」セミナーに参加してきました。10月終わりにCBCTを診療所に導入したのでどうすれば,効率的に、臨床に応用できるか知りたくてセミナーに参加してきました。
CBCTは、インプラントの埋入には必ず必要であると認識していましたが、歯の神経の治療にもなくてはならない装置であると再認識させていただきました。明日からは、歯の神経の治療にも効果的に使用して行きたいと思います。また、自家歯牙移植や歯根端切除術も患者さんにとって有利であれば積極的に行いたいなと思います。

Back to the 歯周内科

本日、大阪で開催された「Back to the 歯周内科」のセミナーに参加してきました。これは私が所属している国際歯周内科学研究会の秋季カンファレンスのセミナーです。代表理事の津島先生からは10年間の長期に渡る症例の報告があり、生田先生からは「歯原性菌血症」やリアルタイムPCRについての講演があり、米崎先生からは歯周内科の臨床での使い方、問題点などの講演があり改めて歯周内科について考えるいい機会になりました。ぜひともリアルタイムPCRは、患者さんのために臨床に取り入れたいなと思いました。

「もう失敗しない!歯内療法~いかにすれば満足のいける根管治療ができるのか~」

本日、兵庫県歯科医師会館で開催された「もう失敗しない!歯内療法~いかにすれば満足のいける根管治療ができるのか~」のシンポジウムに参加してきました。講演Ⅰとして興地隆史教授による「超高齢社会における歯内療法の役割」、講演Ⅱとして下川公一先生の「感染根管治療におけるX線診断とその考察」の後PBLディスカッションが行われましたが、最近の治療では、当院では以前から使っているはNiファイルを使っての治療が必要であり、診断にはCT撮影が有用であるとのことでした。来月には当院にも歯科用CTが入るので診断に役立てたいと思います。

What is Suction Denture? ~やっぱりできる下顎総義歯の吸着~

本日、大阪で開催された「What is Suction Denture? ~やっぱりできる下顎総義歯の吸着~」の講演に参加してきました。以前、阿部二郎先生のBSPの義歯作成のセミナーに参加し、阿部先生や佐藤先生の本を読み、臨床に応用していましたが、佐藤先生のテクニックについて実際に講演を聞きたいと思い参加しました。本を読むだけではわかりにくいところが鮮明になり大変有意義は一日でした。明日からはもっと吸着できる下顎総義歯が可能だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

医療安全講習会

昨日、医療安全の講習会を受講してきました。講師は釜田隆先生という大阪歯科大の麻酔科を出られ神戸市長田区で開業されている先生でした。昨年も4月に私の所属している播磨歯科医師会でご講演いただきましたが、今回は以前の講演会の後購入した緊急薬品の実際の使用方法を具体的に教えていただきました。しかし、私たち歯科医が行うことができる緊急時の対応はあまりないのではと感じましたが、改めて日頃からのBSLのトレーニングが必要だと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

床矯正カンファレンスコース

本日、大阪で開催された床矯正カンファレンスコースに参加してきました。床矯正研究会の鈴木先生と花田先生に症例を見てもらいながら色々な意見、治療方針などを指導していただくコースです。今日は、症例を提出せずにカンファレンスを聞くだけでしたが次回からは症例を持っていきたいと思いました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。