So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

歯科医が知っておくべきフレイル研修会

昨日、兵庫県歯科医師会館で開催された「歯科医が知っておくべきフレイル研修会」参加してきました。
フレイルという言葉は、最近頻繁に使われていますがその概念、内容について理解できていなかったので研修に参加して知識の整理をしてきました。1990年ごろ8020運動が展開され2016年どの統計では50、2%の方が8020達成者になってきています。また、現在健康寿命と平均余命との差についていろいろ話あわれていますが、口腔機能つまり咀嚼できるかどうかが健康に過ごせるためのキイになると思われます。
フレイルとは心と身体の活力の低下を意味しています。その中でオーラルフレイルという言葉がでてきますがこれは口腔機能の低下を意味しています。口腔内から虫歯が激減している今日、これからは歯科はオーラルフレイルに焦点を当て、社会に貢献する必要があると思いました。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。